鈴木ゆうみ(プレバト)のwikiプロフ・年齢や出身高校!子供はいるの?

人気番組『プレバト』(TBS・19時00分~)で2021年、新企画が始動します!

それが「古着リメイク」の才能ランキングです。2021年1月14日(木)のスペシャルの放送から開始される本企画は、「クローゼットに眠って服と古着屋さんにある服を組合せて、世界にたった1つだけの子ども服を作る」をコンセプトに開催されます。

 

そして、この企画のランキング評価を行うのが、国連が採択したSDGsでも注目されている目標の1つ「つくる責任・つかう責任」をになう手段として注目されている「古着のリメイク」を自身のブランドYuumiARIAで展開している鈴木ゆうみさんです。

SDGs・つくる責任・つかう責任画像引用元:©The Asahi Shimbun Company

 

しかも、鈴木ゆうみさんは、単なる古着リメイクという考えを飛び抜けて、使い古された服に息を吹き込み、ドレッシーなチュールや刺繍なども使いデザイン性のある服を作る「注目デザイナー」でもあります。

 

そんな気になる評価担当をする「鈴木ゆうみ」さんにフォーカスをあてて、鈴木さんのプロフィール(年齢や学歴)や、お子さんがいるかどうかをご紹介していきます。

鈴木ゆうみ(プレバト)のwikiプロフ!年齢や出身高校を徹底調査

鈴木ゆうみ(プレバト)のwikiプロフ!年齢や出身高校を徹底調査画像引用元:Twitter(@haguruma_jp)

名前 鈴木 ゆうみ(すずき ゆうみ)
生年月日 1980年12月2日
年齢 40歳(2021年1月現在)
出身地 福島県
出身高校 茨城キリスト教学園高等学校
経歴

2001年
文化服装学院アパレル技術科 卒業
文化服装学院 在学中よりブランド「ナンバーナイン」のスタッフを担当

2001年
ブランド「ナンバーナイン」を運営する有限会社クークスにパタンナーとして入社

2002年
有限会社クークスの創設者「宮下貴裕」のアシスタントになる

2007年
ブランド「ナンバーナイン」の姉妹ブランド「9」スタート時のデザイナーになる

2008年
古着やヴィンテージのリメイクブランド「ARIA」を創設
S/Sより古着から作り出す1点物の「リメイクライン」をスタート。
友人のブランドのデザイナーも兼務。

2010年
ブランド「ARIA」のみに活動を絞り、実質の独立をする

2011年
ゼロからオリジナルの既製服を作る「ARIA コレクションライン」をスタート

2014年
「ARIA」を「YuumiARIA」にブランド名変更

性格 話しやすく、素直な人(ファッションライター高橋 一史・談)
家族 両親・妹さん
公式サイト YuumiARIA / ブランドFacebook / ブランドInstagram
公式オンラインショップ https://ariatokyo.stores.jp/
SNS Facebook(最近更新なし) / 個人ブログ(最新更新なし)

 

鈴木ゆうみさんは、ファッションの名門校・文化服装学院の在学中から、のちに師匠となる宮下貴裕のブランド「ナンバーナイン」のスタッフを担当。

26歳の時には、宮下貴裕が新たに立ち上げるレディースブランド「ナイン」のデザイナーを担当し、その後、独立して自身のブランド「ARIA(現在のブランドYuumiARIAの前身)」を立ち上げています。

YuumiARIAのコンセプト

UNUSUAL(非日常・珍しい)をコンセプトに、ベーシックな女性らしさの中にメンズウェアにある機能性を取り入れた、

デザイナーが日常必要だと考える、本当の意味でのリアルクローズを展開。

(引用元:HUG LETTER

 

この経歴だけを見ると、鈴木ゆうみさんは幼い頃から「ファッション」が好きで、デザイナーを目指してきたんだろうなぁ…と想像されると思います。

しかし、実際は異なります。幼い頃の鈴木さんは、大人しい性格で本を好きな女の子。しかも妄想が好きで、ローラースケートで遊ぶ時は、架空のキャラクターと一緒に競争して遊んでいたようです。

 

そのまま育ったら、大人しい内気な女性になりそうだったと語る鈴木さんですが、プロテスタント系の高校に通っていた頃の「洋服」との出会いが彼女の人生を大きく変えます。

鈴木さんは、高校生なら誰しも経験する「アルバイト」でたまたま選んだ「洋服屋」の仕事で、初めてファッションと出会います。

 

のちに、鈴木ゆうみさんはこの時の洋服と出会い、洋服のディスプレイを担当した時の楽しさを感じた時を「洋服との出会いがなかったら、私は自分のカラを破らなかったかもしれない。洋服と出会った時、大げさですが・・・人生面白いかも?!」と、語られています。

 

そして、お金のない高校生が興味を持ち始めたファッションで「人とかぶらないアイテム」を手に入れたい!そう思って使い始めた「古着」

素材や年代など知れば知るほど「古着」は、鈴木ゆうみさんにとっては面白い存在。高校生時代から、「ここもっと着丈が短ければいいのに…」と感じては、自分で手直しをして着こなしていたようです。この時のやっていた「古着」のリメイクをするライフワークが、自身のブランドの原点になっています。

 

その後、専門学校 → パタンナー → デザイナー → 独立とファッションデザイナーなら誰しも憧れる「成功ロード」を歩んできた鈴木さんですが、独立した際、内心は不安で仕方がなかったようです。

これまでは師匠や友達のブランドのデザイナーなど、単に流れに乗って頑張ってきただけ。独立も自分から一大決心してしたものでなかったワケでなかったため、独立当初は資金もないし人脈もない。わたしには何もないのに、どうしようどうしよう…もうファッション業界で働いていけないんじゃないかとまで思いつめていたようですね。

はたから見ると「成功している人」に見えるのに…内心どう思っているかは分からないモノですね。

 

ファッション業界で働けなくなるのでは…と不安がっていた鈴木ゆうみさんですが、その不安・心配は、幸いにも取り越し苦労に終わります。

なぜなら、鈴木さんの友人や知人がブランド「ARIA(現在のブランドYuumiARIAの前身)」の展示会をする場所を貸してくれるという実質的な支援を始め、鈴木ゆうみさんの精神的な支えにもなってくれたからです。

友人や知人の力添えのおかげで、少しずつブランドの服を買ってくるお客さんが付き始めます。そして、お客さんの中から『あなたの作る洋服が好きだから、ずっと続けてね』と言ってくれる人が出始めます。

 

この時に、「自分の服を必要としてくれる人が1人でもいるなら、それこそ私のやるべきことだ」という想いに、鈴木ゆうみさんの心情が変わり始めます。

今でも鈴木さんのブランドの根強いファンは増え続け、ファンの方に「毎日でも選んでもらえる理由」がたくさんある服を作りたいと鈴木ゆうみさんも服作りを続けています。

鈴木ゆうみ(古着デザイナー)は子供はいるの?

鈴木ゆうみさんは、見てきたように悩みながらも1歩1歩前進を続けて、自身のブランドを育て上げてあげてきています。

今回、人気番組『プレバト』もスペシャル次第では、レギュラー化する可能性があるほど、ビジネス面では成功されています。

 

では、プライベートはどうなのか?!と気になったので調べてみたところ、ご主人がどなたか分かりませんでしたが、2010年12月頃にハワイでご結婚をされていました。

その時の心境を鈴木さんのブログで次のように書かれていました。

鈴木ゆうみさん 結婚式

私は明日からHawaii です~
私事ですが、結婚式をあげて参ります。
なんだか、今まで沢山の方々のウェディングを創らせて頂いていたのですが、
この様な気持ちなんだなと、改めて嬉しく思いました。

今日からすでに、沢山の準備を名乗りでてくれた友人たちが、
Hawaii 入りしてくれているのです。
本当に感謝。
そして、大好きな方々と会えるとあって、なんだかドキドキ楽しみです。

今日はあと少し。
修理したてのミシンでの作業をして、旅の最終準備にとりかかろうと思います。

たくさんのありがとうを込めて。

(画像・文章引用元:鈴木ゆうみ公式ブログ)

 

また、ブログ上では見つけることが出来ませんでしたが、すでに出産もされてお母さん業もされているようです。サイト「HUG LETTER」のインタビューにて、お子さんとのショットが掲載されていました。

鈴木ゆうみ 子供画像引用元:© HAGURUMA Co., Ltd.

子育てをすることで鈴木ゆうみさんは、誰しも24時間しかないからと・・・「1日の時間割」を意識して、仕事への「集中の度合い」が増しているようです。

でも、子育て&ビジネスばかりでは気が滅入るので、ちゃんと自分にとって必要な「息抜き」の時間も、例え5〜10分の短時間であっても取るように意識されています。ちなみに、鈴木さんの息抜きは、幼い頃から好きな「本を読んだり」「自分の想いを整理したり」「掃除をしたり」されているようです。

掃除が息抜きになるとは、思いつきもしませんでした。

 

また、鈴木さん自身、子供が生まれたことによって意識が変わったのか?!

最近は「食」に対して関心度が増し、農業体験に行ったり、直接農家から野菜を購入して素材を生かした料理をされています。

どんな料理をされているのか…気になるところですが、残念ながら料理の写真などは掲載されていませんでした。

 

続報がありましたら、追記させていただきますね。

スポンサーリンク

鈴木ゆうみさんのブランドYuumiARIAの服がコレ!

それでは、最後に鈴木ゆうみさんのブランド「YuumiARIA」の服で、私が個人的にいいなぁ〜と思う服をいくつかご紹介していきたいと思います。

 

全体的にカッコよくて、それでいて可愛いテイストの服のように私には感じられました。

メンズがないのが少々残念…です。

 

もし、鈴木ゆうみさんが他にどんな服を作られているか、興味がある場合はこちらからチェックしてみてください。

→ 鈴木ゆうみブランド・YuumiARIA公式サイト

まとめ

鈴木ゆうみさんのプロフィール(年齢や学歴)に始まり、ご結婚やお子さんなど徹底調査してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

鈴木さんは、これからも日々、新しいインスピレーションを持って、モノづくりをアップデートしていきたい。鈴木さん自身が年取った時に、ファンの方も若い方も着れるような服を作っていきたいと語られていましたので、どんな服をこれから作っていかれるのか、まだまだ注目の女性デザイナーの1人です。

バラエティ番組「プレバト」で、鈴木ゆうみさんの素顔も垣間見えると思うので、スペシャルも是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

ブログランキング参加しています。
↓ポチッと応援をお願いします^^