思い出のマーニーはホントは怖いアニメ?あらすじや精神病名を解説

多くの人気のアニメを世の中に出してきた「ジブリ」が、手がけた作品の1つである「思い出のマーニー」は他の作品とは違います。

これまでジブリは、

ジブリの主な人気な作品一覧
  • 千と千尋の神隠し
  • となりのトトロ
  • もののけ姫
  • 天空の城ラピュタ

    など、独自の世界観で、細部までこだわったアニメ作品を数多く作り出して、大人から子どもまでを魅了してきました。

    特に「天空の城ラピュタ」など、テレビで再放送されるたびに「バルス!」とツイートする人が多くいるほど、人気アニメとなっています。

     

    しかし、2014年に公開された映画「思い出のマーニー」は、これらの作品とは異なり、

    映画「思い出のマーニー」の他との違い
    • 主人公の杏奈に対して、クズだ!性格悪っ!精神病なのでは?
    • マーニーの存在がよくよく考えると怖い!後味が悪い

    と感想を持つ人が続出する作品となっています。

     

    ここでは映画「思い出のマーニー」のあらすじネタバレを含めて、杏奈の性格や怖いと言われる理由を考察していきます。

    スポンサーリンク

    思い出のマーニーのあらすじ解説!怖いと言われるのはなぜ?

    引用元:ジブリ公式インスタ

    思い出のマーニーのあらすじ解説!舞台はどこ?

    映画「思い出のマーニー」のあらすじをご紹介していきますが、その前に映画の舞台となっている場所をご紹介します。

    映画の中で描かれているのは、日本のとある田舎の「キレイな湿地帯」とされていますが、公式に映画の舞台が北海道であることは公表されています。

    ファンの中では、映画の中でちょっと寒い、薄ぼんやりした雰囲気から、湿地」と「藻撒布沼」ではないかとウワサされています。

    あらすじを解説

    あらすじ・ネタバレ

    物語の舞台は、日本のとある「キレイな湿地帯」

    人に対して心を閉ざす女の子・杏奈(あんな)が、ある時、金髪のマーニーと出会います。2人は打ち解け「周りに秘密の友だち」になります。

    杏奈とマーニーが過ごす「ひと夏の不思議な出来事」を描いたのが本作。


    北海道の都心部である「札幌」で暮らしていた12歳で内気な少女・杏奈は、ぜん息がドンドン悪化していきます。

    療養のため、杏奈は夏休みの間だけ、空気の良い「田舎の海辺の村」に住む親戚の家で暮らすことになります。

    しかし、とある過去の出来事をきっかけに、人へ心を開かなくなってしまった杏奈は、村の子どもたちと馴染むことができません。

    一人っきりになってしまう杏奈は、村の人が「湿っ地屋敷」と呼んでいる長い間、空き家になっている古い洋風の屋敷で、金髪の不思議な少女・マーニーと出会い、秘密の友達になっていきます…。

    (引用元:映画.com

    ご紹介した「あらすじ」だけでは、田舎に疎開した少女が金髪の少女と「秘密の友達」になったストーリーなので、「どこが怖いの?」と思ってしまうのではないでしょうか?

     

    しかし、思い出のマーニーは同じジブリアニメ『借りぐらしのアリエッティ』のように、数多くの都市伝説がささやかれています。この都市伝説が思い出のマーニーを怖く感じる原因となっています

    それでは、「思い出のマーニー」には、どんな都市伝説がささやかれているのか?怖いと言われる理由を含めてご紹介します。

    ▼都市伝説01:Wヒロイン・マーニーの正体が怖い

    物語のマーニーの正体は、ストーリーの終盤まで隠されています。
    (途中で、マーニーを正体をほのめかすシーンは、いくつか出てきます)

    あらすじでもお伝えしたように、金髪の少女・マーニーは、湿地帯に立つ長年誰も住んでいない洋風の屋敷で、姿をあらわします。

    登場のシーンから描かれるマーニーは、金髪で青い眼を持つ、どこか世間から浮いたような雰囲気を持っています。

     

    そんなマーニーがストーリー序盤で「私はこの屋敷のそばから離れられないの」…と謎めいたことを口にします。

    このセリフって、まるで地縛霊。そう幽霊が口にするような言葉ですよね。

    それに、マーニーと杏奈が会うのは、ほとんどが夕方から夜の「湿地帯が満潮を迎えている時」で、ボートを濃いで屋敷に行かないと会えないことも、マーニーの幽霊感を増していきます。

     

    それ以外にもマーニーが幽霊と思わせるのが

    • 杏奈以外の人がマーニーの存在を知らない
    • ボートに乗ってオールが動かなくなった時に、不思議な力を見せる
    • マーニーに会った後、杏奈が気を失う。杏奈がまるで幽霊のマーニーに生気を吸われているのではないか?と感じさせます

    のシーンです。

     

    最後のダメ押しで、見る人に恐怖感を感じさせるのが、こちらのシーンです。

    丘の上のサイロに杏奈とマーニーが出かけた際、2人は嵐で閉じ込められます。しかし、閉じ込められていたはずなのに、マーニーだけ姿を消します。

    このシーンを見た人たちは、次のような感想を口にしています。

     

    ただ、実はこの「思い出のマーニー」はホラー作品ではなく、ネタバレになりますが…マーニーの正体は杏奈のおばあちゃんだったのです。

    しかも、母なき後、幼少期の間、杏奈はおばあちゃんに育てられています。湿っ地屋敷を杏奈が知っていると思っていたのも、実はおばあちゃんが杏奈の幼少期に、語り聞かせたためだったのです。

    なので、作品の中で出てくるマーニーの存在は、幽霊でもなんでもなく、杏奈が想像の中で、おばあちゃんを懐かしんで作り上げた「実在しない架空の人間」になるのではないかと思われます。

    ▼都市伝説02:杏奈は精神病なのか?

    もう1つ、映画「思い出のマーニー」を怖くしているのが、杏奈が精神病なのではないか?!ということです。

     

    喘息の療養のために、夏の間だけ北海道の田舎に疎開する杏奈ですが、

    杏奈の精神病が垣間見えるシーン
    • ストーリー序盤で「自分自身が嫌いだ」と言う
    • 杏奈が喘息で倒れた時、育ての親・頼子に対して「またお金がかかっちゃったね」と嫌味をいう
    • 療養先の大岩夫婦の家に着くやいなや「他人ん家の匂いがする」と吐き捨てる
    • 療養先の近所に住む信子に「太っちょ豚」と傷つけることをいう

    と暗い精神的に壊れている様子を見せます。

     

    これらの言動から、「思い出のマーニー」を見た人からは、杏奈は精神病は【自閉症や統合失調症】などではないか?!とささやかれています。

    上記にあげたような言動以外にも、杏奈を精神病人に見せているのが

    • 幼い頃に両親を事故でなくす
    • 世話をしてくれたおばあちゃんを、老衰でなくす

    という、親しい人を次々に亡くす辛い過去があります。

     

    このため、幼少期以降、引き取ってくれた「育ての親・頼子」の元で、心を閉し、精神的にゆがんでしまったと、とらえられても仕方がないのかな?!と思います。

    ただ、「思い出のマーニー」の中では描かれていませんので、あくまでも「想像の域をでない部分」とはなります。

    スポンサーリンク

    思い出のマーニーの声優や監督を紹介!原作はあるのか?

    映画「思い出のマーニー」を作り上げた声優を担当された方たちや、原作、監督について簡単にご紹介します。

    思い出のマーニーの声優一覧

    声優一覧

    メインキャラ

    • 佐々木杏奈(声優:高月彩良)
    • マーニー(声優:有村架純
    • 佐々木頼子(ささきよりこ)(声優:松嶋菜々子)
    • 山下医師(声優:大泉洋)
    • 美術教師(声優:森崎博之)
    • みよ子(みよこ)(声優:白石晴香)

    海辺の町の住民

    • 大岩清正(おおいわきよまさ)(声優:寺島進)
    • 大岩セツ(おおいわセツ)(声優:根岸季衣)
    • 彩香(さやか)(声優:杉咲花)
    • 武(たけし)(声優:石井マーク)
    • 久子(ひさこ)(声優:黒木瞳)
    • 信子(のぶこ)(声優:頼経明子)
    • 十一(といち)(声優:安田顕)
    • 町内会役員(声優:音尾琢真)
    • 老婦人(声優:森山良子)
    • ばあや(声優:吉行和子)
    • マーニーの母(声優:甲斐田裕子)
    • マーニーの父(声優:戸次重幸)
    • 絵美里(えみり)(声優:石山蓮華)

    思い出のマーニーの監督は誰?

    映画「思い出のマーニー」の監督をされたのは、元・スタジオジブリ所属の若手アニメ監督・米林宏昌 (よねばやし ひろまさ)さんです。

    米林さんが監督をされた作品は、次のようなモノがあります。

    米林宏昌・監督作品

    『借りぐらしのアリエッティ』
    『思い出のマーニー』
    『メアリと魔女の花』(スタジオポノック作品)

    現在は、「思い出のマーニー」の監督を担当した後に、スタジオジブリを退社されて、スタジオポノックを設立されて活動されています。

    思い出のマーニーの原作

    スタジオジブリ作品には珍しく、「思い出のマーニー」には原作があります。

    原作は、イギリスの児童向けのジョーン・G・ロビンソンさんが書かれた同名書籍「思い出のマーニー」です。

    主題歌はどんな曲?CD販売はされている

    映画「思い出のマーニー」の主題歌を歌うのは、当時30歳だったプリシラ・アーン(Priscilla Ahn)です。

    主題歌:プリシラ・アーン「Fine On The Outside」

     

    主題歌

    Fine On The Outsideを直訳すると、外で精錬しなさい」という意味になります。自分の中にこもってしまう杏奈に対するメッセージソングのような感じですね。

    歌詞

    I never had that many friends growing up
    So I learned to be
    Ok with
    Just me, just me, just me, just me
    And I’ll be fine on the outside

    I like to eat in school by myself
    Anyway
    So I’ll just stay
    Right here, right here, right here, right here
    And I’ll be fine on the outside

    So I just sit in my room after hours with the moon
    And think of who knows my name
    Would you cry if I died
    Would you remember my face?

    So I left home, I packed up and I moved
    Far away
    From my past one day
    And I laugh, I laugh, I laugh, I laugh
    And I sound fine on the outside

    Ha ha ha…

    Sometimes I feel lost,
    sometimes I’m confused
    Sometimes I find
    That I am not alright
    And I cry, and I cry, and I cry….

    Ha ha ha…

    So I just sit in my room after hours with the moon
    And think of who knows my name
    Would you cry if I died
    Would you remember my face?

    (引用元:Uta-Net

    【和訳】


    決して、友だちが多い方じゃなかった
    だから、学んだの

    平気なんだって、私だけで
    私だけで、私だけで、私だけで
    それに、これからだって大丈夫、外側にいたって


    学校でも一人でお昼を食べるのが好きだった、なんとなく
    だから、これからだってずっと

    ここにいるの
    ここにいるの、ここにいるの、ここにいるの
    それに、これからだって大丈夫、外側にいたって

     だから私はただ、自分の部屋に座り込む
    何時間もお月様を眺めて
    思いを巡らす、私の名前を知っている人たちのこと
    泣いてくれる?もし私が死んだら
    憶えていてくれる?私の顔を

     

    そうして私は家を出た
    荷物をまとめ、旅立った、ずっと遠くへと
    過ぎさったあの日から

    そうして私は笑った
    私は笑った、私は笑った、私は笑った
    私なら大丈夫、外側にいても

    時々、どうしようもなく虚しくなって、困惑してしまう
    時々、気づいてしまう、私は大丈夫じゃないって
    そして、私は泣いて、私は泣いて、私は泣いて・・・

    そうして私はただ、自分の部屋に座り込む
    何時間もお月様を眺めて
    思いを巡らす、私の名前を知っている人たちのこと
    泣いてくれる?もし私が死んだら
    憶えていてくれる?私の顔を

    (引用元:夢の紙袋

    スポンサーリンク

    思い出のマーニーの画像を含めて口コミ紹介!

    まとめ

    スタジオジブリが作った作品の中で、異色な映画「思い出のマーニー」が怖いと言われる理由を、都市伝説・ネタバレ含むあらすじと一緒にご紹介してきました。

    怖いという意見はありつつも、作品としてはまとまった内容なので、2014年公開の映画ですが、未だに「思い出のマーニー」を見ようするファンいる映画でもあります。

    もし1度も見ていないなら、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

    スポンサーリンク

    ブログランキング参加しています。
    ↓ポチッと応援をお願いします^^